◆◆ブログ◆◆

スマホの方は、タイトルをクリックしていただくと

日付が表示されます。

2021年

9月

17日

9月19日(日)は福島民報連載 第34回の 連載日です。

 

 

どうやら週末は台風が来そうです。

 被害がないことを願います。

 

 

お知らせです。

 

9月19日の日曜日は

 

 福島民報新聞

      連載 第34回 福島鉄道物語

    

   〜 91歳の現役

               

        が掲載されます。

 

 

 

 

●今回のお話し

 

 

5年前に再会した友人から電話かかって来る。

 

彼は中学校の同窓生だ。

 

そういえば中学時代、初めて映画館に連れていって

 

くれたことを思い出した・・

 

 

 

 

 

そんなお話です。

 

ご拝読いただけたら幸いです。

 

 

 

2021年

9月

11日

ワクチンの2回目から二週間が経ち・・

 

 

ワクチンの 2回目を接種して 2週間が経ちました。

 

副反応で、やはりかなり熱が出ました。

そして摂取した二日間は 思った以上に

倦怠感もありましたよー

 

 

 

 

 

副反応が出た方がいいよ

世間の噂では聞きますが・・

実際のところどうなんでしょうね?

 

 

今、大作に 取り組んでいますが、

まだリズムには乗れていません。

リズムに乗ってくると・・

必ず感じることがあります。

 

 

 

それは・・

猛スピードで時間が進むことです。

 

ほとんど、そのことだけに集中させ

取り組まなくてはいけないため、

日々のルーティーンが 強くなります。

 

一段落して、気づいたときには

相当な月日が進んでいます。

秋も深まっているでしょうね。

 

恐ろしいですが・・

この集中力を使わないと、

どうやら大きな作品は進まないよーです。

 

さあ、がんばりますよ!

 

 

 

 

 

2021年

8月

30日

夏の記憶・・

 

 

2014年に取材した瀬戸内海、

 

岡山県の牛窓港から見た連絡船。

 

海の出身では無いのに・・

 

何だか懐かしいと感じる。

 

そこに午後5時の音楽が流れた。

 

ドボルザークの家路だった・・

 

 

 

お知らせがです。

 

8月31日(火)の なすびさんの 出演する番組

 

『Radio de Show』の 午後2時10分から

 

の【なすけんパーティー】 のコーナーに

 

ゲスト出演します。

 

 

電話での出演ですが、よろしければ

 

お聞きください。

 

◎投稿作品

『 島ニ帰ル』 2015年制作 日本画

 箱根・芦ノ湖 成川美術館所蔵

 

 

 

 

2021年

8月

20日

雨やコロナや 夏の暑さ・・

 

 

大雨が 西日本を襲い・・

 

新型コロナの デルタ株が 全国的に

 

猛威をふるい・・

 

 

人の移動も 制限を余儀なくされ・・

 

なかなか明るい話題に出会わない。

 

 

それでも・・

 

少しの晴れ間とほんの少し良い風があれば

 

ちょっとだけ心も晴れる・・

 

 

 

 

 

夜に外に出ると・・

 

もう 秋の気配。

 

 

でも このまま夏が終わるのも少し寂しい・・

 

もう 少し良いことがあってもいいかなぁ!

 

 

派手じゃなくていいから

 

心休まるような 良いこと・・

 

生まれないかね〜

 

 

 

 

そういえば

 

ゆっくりとひまわり畑を見たいなぁ・・

 

 

そんなことをブツブツ言いながら・・

 

またもや 予定よりだいぶ遅れている

 

制作に帰るのだ。

 

 

 

2021年

8月

13日

8月15日(日)は福島民報連載 第33話の連載日です。

 

 

新型コロナが猛威をふるっています

皆さん、お元気でしょうか・・

 

また大雨も心配です。今は耐えるしかありませんね。

どうぞ皆さんご自愛ください

 

 

 

 

お知らせです。

 

8月15日の日曜日は

 

 福島民報新聞

      連載 第33回 福島鉄道物語

    〜 サプライズ花火

               

        が掲載されます。

  

 

 

●今回のお話し

 

 

昨年に引き続き、2021年もほとんどの花火大会が

 

中止に なりました。  そのかわり、未告知の

 

サプライズ花火がいろいろなところで打ち上げら

 

れています。 そんなサプライズ花火の時に浮かんだ

 

初めての 打ち上げ花火を見た時の記憶のお話です。

 

 

 

ご拝読いただけたら幸いです。

 

 

2021年

8月

08日

夏の日・・

 

いろいろあるけれど・・

今日はオリンピックの最終日。

 

男子マラソンの大迫選手の頑張りに感動!

アスリートはすごいなぁ・・

 

 

 

今日は台風で、雨模様。

たまには雨もいいけれど・・

災害を伴わないように願うばかり。

 

最近、ちょうどいい雨に

なかなかならないからなあ・・

 

 

 

夏の日と言えば、オイルパステルを描きに

数年前、倉敷に三日間滞在したことがある。

 

改めて、倉敷の美しさとそれを維持している

地元の人の苦労を感じた。

 

今回の新型コロナで それが維持していけてるのか

どうか、とっても心配。

 

コロナ前でさえ大変だったのに・・

 

 

 

 

 

それでも前向きに、

穏やかに・・

やさしく・・

そんな気持ちを 忘れずに・・

 

そう言い聞かせる毎日。

 

そして、たんたんと制作しなければ。

 

 

 

 

2021年

7月

30日

当たり前だけど・・

 

 

本当に当たり前だけど

 

夏だね〜

 

 

感染が拡大してるせいもあるけど、

 

念入りに小下図を考えていたら・・

 

制作がタイトになってしまった。

 

アトリエから1歩も出れない。

 

あぁ、 取材に行きたいなぁ!

 

いつ行けるんだろうか・・

 

 

 

忙しすぎるけれど・・

 

制作以外でもやるべきことがたくさんある

 

正念場だなあー!

 

 

 

お知らせです。

 

今年から始まる第一回K 国際コンクール

 

審査員をすることとなりました。

 

詳細はホームページをご覧ください

 

 

 

 

 

 

2021年

7月

26日

とにかく丁寧に・・の日々

 

 

 

最近、かなり忙しい。

正直言って、バタバタしている。

 

こういう時こそ・・

とにかくできるだけ・・

ひとつひとつを・・

丁寧に丁寧に・・・

 

 

「タタムコト」   2014年制作日本画

 箱根・芦ノ湖 成川美術館所蔵

 

 

お知らせです。

 

 

ただいま、茨城県笠間市にある笠間日動美術館で

クレパス画『青梅』を展示しています。

 

『こんな描きかたもあるの? 楽しいクレパス画展』

 

笠間日動美術館 企画展示館

2021 年 7月 22 日(木・祝)~9月 26 日(日)

月曜日休館(詳細はHPで お確かめ下さい

 

 

 

ご高覧頂けたら幸いです。

(どうぞご無理なさらないでください)

 

 

 

2021年

7月

17日

7月18日(日)は福島民報連載 第32話の 連載日です。

 

 

 

梅雨入りがあんなに遅かったのに

梅雨明けは早かったですね・・

びっくりです。

 

でも夏空にタチアオイはよく似合います。

 

 

◎お知らせです。

 

 月18日の日曜日

 

 福島民報連載 

   第32回「福島鉄道物語」

         〜 オニユリの丘

 

             が掲載されます。

 

 

今回のお話し

 

父は 絵描きである僕のことが心配で心配で

仕方がなかった。

それが由に、帰省するたびにしていた

父のアドバイスとは・・

そんなお話です。

 

 

ご拝読いただけたら幸いです。

 

 

 

2021年

7月

13日

箱根・芦ノ湖 成川美術館の展覧会は7月14日(水)が最終日です

 

 

 

マンゴーの模様が美しい・・

 

そして香りと味も元気だ!

 

果物ってすごいなぁ・・

 

 

 

 

 

お知らせです。

 

3月11日(木)から始まった

箱根・芦ノ湖  成川美術館での

齋正機展〜やさしく,あたたかな絵〜ですが、

7月14日(水)が最終日です。

 

緊急事態宣言など、

いろいろなことがありましたが、なんとか

最終日まで展覧会を催すことができました。

皆様に感謝したします。

 

また、ギャラリートーク等の告知が遅れたり、

いろいろとご迷惑をかけしましたが、どうぞ

これからもよろしくお願いいたします。

 

            

 

                  齋 正機

 

 

 

 

2021年

7月

07日

もうすぐ桃の季節ですね。そして今日は七夕。

 

 

 

雨で大変ですが・・・

 

これが終われば、桃の季節ですね。

 

あらゆる意味で、

 

何とか雨の被害が少なければ良いのですが・・

 

 

 

 

小さい頃から桃、梨、りんごは

 

ものすごく身近でしたが・・

 

なかなか福島を出ると

 

果物に接する機会が減りましたね。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

さてお知らせです。

 

箱根の展覧会も残すところ1週間となりました。

 

 齋 正機展 新世代の日本画

 

   ~やさしく、あたたかな絵

【日時】 開催中~7月14日(水)

                                   (年中無休)

    午前9時~午後5時

 【場所】箱根・芦ノ湖成川美術館

     神奈川県足柄下郡箱根町元箱根570番 

     TEL 0460-83-6828

【アクセス】成川美術館HPをご覧ください

【駐車場】乗用車70台(無料)

 

【料金】一般1300円、高校生900円、小中生600円

 

【概要】所蔵作品のうち、風景画17点

    子どもシリーズ12点を展示します。

    オイルパステル画の小品やグッズの販売もあります。

 

    ご無理なく、よろしくお願いします。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

〜お詫び〜

 

ブログが 展覧会等が重なり

しばらく滞っていました。

 

これから頻繁とはいかないまでも・・

なるべ く情報を発信していきたいと思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

              齋正機

           

 

 

2021年

6月

21日

6月26日 (土)、27日 (日)は 箱根芦ノ湖成川美術館で ギャラリートークやサイン会をします。

 

緊急事態宣言が終わましたが・・

なかなかすっきりとした感じにはなりませんね。

 

やはり、ワクチン接種が キーワードでしょうか!

 

 

お知らせがあります。

 

 

6月26日   (土)

6月27日(日)

の二日間

 

箱根・芦ノ湖成川美術館

第4室 

齋 正機展 新世代の日本画

やさしく、あたたかな絵

の会場において

 

ギャラリートーク&サイン会

を行います。

 

 

時間は不定期です。

◎ 密にならないよう気をつけて

 実施します。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

                       

 

 

 

 

 

2021年

6月

19日

6月20日(日)は福島民報連載『福島鉄道物語』第31話の掲載日です。

 

 

 

やっと梅雨らしくなりましたね。

 

あまり激しい雨はいやですが・・

 

シトシト雨は大事ですね。

 

 

 

 

◎お知らせです。

 

 月20日の日曜日

 

 福島民報連載 

   第31回「福島鉄道物語」

         〜 鮮緑(せんりょく)に咲く

 

             が掲載されます。

 

 

今回のお話し

 

 

 

今回は20年ぶりに大学の同級生に会うため

軽井沢へ。

その道すがら、上田電鉄別所線八木沢駅を取材し、

田園風景の素晴らしさを感じながらいろいろな

記憶が蘇ります。

 

 

ご拝読いただけたら幸いです。

 

 

 

 

2021年

5月

14日

16日(日)は福島民報連載『 福島鉄道物語』 第30話の掲載日です。

 

 

 

皆様、お元気でしょうか。

 

なかなかワクチンも・・

 

一筋縄ではいきませんね。

 

どうぞ、ご自愛ください。

 

 

◎お知らせです。

 

 月16日の日曜日

 

 福島民報連載 

   第30回「福島鉄道物語」

         〜 なくてはならないもの

 

             が掲載されます。

 

 

今回のお話し

 

久しぶりに水郡線に乗る。車窓から

見える風景を取材するためである。

そこから見えた風景、そして・・

蘇った記憶とは!

 

 

 

そんなお話です。

ご拝読いただけたら嬉しいです。

 

2021年

4月

17日

18日(日)福島民報 連載『福島鉄道物語』第29話の掲載日です。

 

 

 

庭を見ると、オダマキが咲いています。

 

今年は春の花が本当に早いです。

 

 

 

 

◎お知らせです。

 

 月18日の日曜日

 

 福島民報連載 

 

     第29回「福島鉄道物語」

         〜  箱根と富士山 

 

             が掲載されます。

 

 

 

●今回のお話し

 

 

現在、箱根 芦ノ湖・ 成川美術館では

 

齋 正機展 新世代の日本画~やさしく、あたたかな絵~ 

 

が、開催されています(〜7/14) 

 

その初日に行ったときのエピソードです。

 

 

 

拝読いただけたら幸いです。

 

 

 

 

2021年

3月

20日

21日(日)福島民報連載『福島鉄道物語』第28 話の掲載日です。

 

 

 

ここ横浜では、過去2番目に早い

 

3月17日に桜の開花宣言・・

 

どの地域も記録的早さで、満開になるかも

 

しれませんね。

 

 

 

◎お知らせです。

 

 3月21日の日曜日

 

 福島民報連載 

 

     第28回「福島鉄道物語」

         〜  489 ようやく 

 

             が掲載されます。

 

 

 

 

●今回のお話し

 

 

沈丁花(じんちょうげ)の香りは受験を

 

思い出す。そう、人生の岐路にもなった

 

あの4浪時の東京芸大の実技試験である。

 

 

 

 

そんなお話です。

 

を拝読いただけたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

2021年

3月

16日

先週11日(木)から成川美術館の展覧会が始まりました。

 

3月11日(木)から展覧会が始まりました。

 

 

 齋 正機展 新世代の日本画

 

   ~やさしく、あたたかな絵

【日時】2021年3月11日(木)~7月14日(水)

                                   (年中無休)

    午前9時~午後5時

 【場所】箱根・芦ノ湖成川美術館

     神奈川県足柄下郡箱根町元箱根570番 

     TEL 0460-83-6828

【アクセス】成川美術館HPをご覧ください

【駐車場】乗用車70台(無料)

 

【料金】一般1300円、高校生900円、小中生600円

 

【概要】所蔵作品のうち、風景画17点

    子どもシリーズ12点を展示します。

    オイルパステル画の小品やグッズの販売もあります。

 

    ご無理なく、よろしくお願いします。

 

現在の美術館からの眺めです。

風景画は、2階第4室に飾られております。

展示風景

続きを読む

2021年

3月

03日

東日本大震災10年 復興だるま展に出展します

 

東日本大震災は忘れることのできない

たいへんな災害でした。

 

あれから10年、自分にできることは少ないですが、

郷土への想いと祈りをだるまに込めて描きました。

 

詳細は下記をご覧ください。

 

 

 

 東日本大震災10年 復興祈願だるま展 

        が始まります 

 

 チャリティーイベント

だるまに復興の想いを込めて制作したアートだるまを

出展しています。

 

 

【会場】Pachetart(パシュタート)

    東京都渋谷区富ケ谷1-8-5

               

               千代田線・代々木公園駅

             (出口2)徒歩20秒

    

                小田急線・代々木八幡駅

             (南口)徒歩3分

 

【会期】 2021年34日(木)〜6日(土)

 

【時間】    4日(木) 13〜19時

     5日(金) 10〜19時

     6日(土) 10〜17時

 

【入場料】無料

 

 

会期が短いですが、

 

ご興味のある方はぜひお立ち寄りください。

 

 

 

2021年

2月

20日

21日(日)『福島鉄道物語連載』第27 話の掲載日です。

 

 

地震被害から復旧されたでしょうか・・

 

1日も早く元通りになることを願います。

 

 

 

お知らせです。

 

2月21日の日曜日は

 

 福島民報新聞

      連載 第27回「福島鉄道物語」

    〜 もうすぐ

               

        が掲載されます。

  

●今回のお話し

 

 

二月のある日、中断していたウォーキングを再開する。

 

コロナ禍でマスクをして歩いていたため、メガネが

 

曇ってしまう。公園のベンチに座りメガネを拭きながら

 

思い出したこととは・・

 

 

 

 今回はそんなお話です。

 

 

ご拝読いただけたら幸いです。

 

 

 

2021年

2月

16日

13日の地震被害にあわれた皆さん、心よりお見舞い申し上げます。

 

 

福島県の皆さん、

 

そして地震の被害にあわれた皆さん、

 

心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

僕の住む横浜でも震度4、

 

福島市在住(森合)の母に電話すると、

かなりの揺れを長く感じたそうです。

 

そして、母の地域は深夜3時ぐらいまで

停電でした。

 

 

くしくも3月11日で東日本大震災から

10年ですね。

 

やはり、備えあれば憂いなしなので、

もう一度気を引き締めたいと思いました。

 

 

これから余震もあるかもしれませんが、

どうぞお気をつけください。

 

 

2021年

2月

03日

『齋正機展 開催記念冊子の予約販売をします。

 

節分は珍しく恵方巻きを食べました。

 

立春ですね。

 

 

 

お知らせがあります。

 

 

 昨年の10月に郡山女子大学で開催された個展

~ふるさと・ふくしまとともに~の開催記念冊子を

後援会員様限定で予約販売をすることになりました。

 

【定価】1部1500(税込・送料無料)

【内容】48頁、A4、フルカラー、中綴じ冊子

【お届け時期】3月中旬 

 *予約の締め切り日がなくなり、予約販売が継続されることになりました。

 

◇後援会入会方法、申し込みなどは、後援会のHP

 ご覧ください。

 

2021年

1月

21日

1月24日(日)に吉祥寺美術館にてギャラリートークをします。

 

◎イベントお知らせ◎

 

 

2 4日(日)午後2時よりに

武蔵野市立吉祥寺美術館にて

 

阪本トクロウくんとスペシャルトーク

 

をします。

 

 

 

【スペシャルトーク】
 出 演:齋正機(日本画家)×阪本トクロウ
 日 時:1月24日(日)14:00~15:30
 定 員:40名
 参加費:無料(当日の美術館入館券が必要)
 申 込:1月10日(日)10:00より、お電話
  または美術館窓口にて受付開始
 
 ※定員に達し次第締切
(キャンセル待ちの受付はいたしません)
 
※1回のお申し込みにつき、2名様まで受付可
  1. 無理をせず、どうぞお越しください。

阪本トクロウの展覧会

デイリーライブズのイベントです

http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/exhibitioninfo/index.html

  

2021年

1月

09日

17日は福島民報連載『福島鉄道物語』第26話の掲載日です。

 

 

皆さんの地域では

雪の具合はどうでしょうか・・

 

横浜はまだ今年降っていません。

木の実を求めてヒヨドリやムクドリを

よく見かけます。

 

 

お知らせです。

 

1月17日の日曜日は

 

 福島民報新聞

      連載 第26回「福島鉄道物語」

    〜 ぼたん雪の記憶

               

        が掲載されます。

  

 

●今回のお話し

 

 

今回は小学生の時の記憶のお話です。

 

僕は小学校3年生。

その頃、絵が好きなとても仲の良い友達が

いました。あまり外では遊ばない彼が連れ

て行ってくれた場所とは・・

 

今回はそんなお話です。

 

 

ご拝読いただけたら幸いです。

 

 

 

2021年

1月

02日

2021年・・始動します。

 

 

2021年あけましておめでとうございます。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

そしてお正月も不休で頑張る医療関係者の方々、

 

感謝です。

 

僕は自分の役割として、

 

“少しでも人の心に届く絵”を描いていきたい

 

と思います。

 

            齋 正機

 

 

2020年

12月

31日

2020年を振り返ると・・

 

今年は大変な年でしたね。

お世話になった皆様、ありがとうございます。

どうぞ良いお年をお迎えください。

 

 

 

困難な年〜2020年を想う〜

 

3月には日本橋高島屋さんでの個展、郡山女子大学での個展、そして10月から12月

までは新宿佐藤美術館での個展がありました。また12月には宝塚の美弥るりかさ

んを描いた作品展にも参加させていただいています。

 

また東邦銀行カレンダー採用11年目、大丸松坂屋カレンダー2021にも採用され

ております。福島民報連載『福島鉄道物語』も25回を迎えました。

 

それらの出来事の全てが、多くの方々の協力で支えられています。

 

2020年も本当にありがとうございました。

そして、2021年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

2020年

12月

18日

20日(日)は福島民報連載『福島鉄道物語』第25話の掲載日です

 

 

まずは遅れましたが・・・

お礼からです。

 

千駄ヶ谷の佐藤美術館での展覧会は、

13日(日)で無事終了いたしました。

大変な時期にもかかわらず、たくさん

の方々にご高覧いただきました。

 

観てくださった皆さん、そして、

この展覧会に尽力してくださった

方々に感謝いたします。 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 そしてお知らせです。

 

 

12月20日の日曜日は

 

 福島民報新聞

      連載 第25回「福島鉄道物語」

    〜 小さな幸せ

               

        が掲載されます。

 

●今回のお話●

 

コロナ禍で世界中が大変だった2020年、そ

して収束も未だわからない日々である。

そこで見えてきた大切なものとは・・

今回はそんなお話です。

 

 

ご拝読いただけたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

2020年

12月

11日

13日(日)は佐藤美術館の展示の最終日です。

 

 

桃源郷を走る・・

 

 

『満開ニ走ル』の一部分   2010年 30F

 箱根・芦ノ湖 成川美術館蔵

【佐藤美術館 齋正機の世界展〜出品作11】

 

 

千駄ヶ谷の佐藤美術館での展覧会は、いよいよ

13日(日)が最終日となりました。

最終日は13:00~17:00まで齋が来館しています。

新型コロナ感染防止のため、作品解説は行えませ

んが、控室におりますので、お越しの際はぜひ

お声掛けください。

 

 

2020年

11月

26日

ただいま、東邦銀行カレンダーが無料配布されています。

 

 

 

喜多方市長床の推定樹齢800年の大イチョウ。

 

この時期、イチョウの葉っぱがたくさん舞い

 

降りて黄色い絨毯になる。

 

 

『イチョウ舞ウ喜多方長床』 15F

 2020年 東邦銀行蔵

 

 

11月24日(火)よりこの絵の東邦銀行カレンダー

が配布されています。

 

本店支店各店舗で手に入れることが出来ます。

東邦銀行とのお取引の有無に関わらず広くお配

りしているようです。

 

ご希望の方は、お気軽に最寄りの本支店までお

申し出いただきたいとのことでした。

 

よろしくお願い致します。

 

 

2020年

11月

14日

15日(日)は福島民報連載『福島鉄道物語』第24話の掲載日です。

 

 

11月15日の日曜日は

 

 福島民報新聞

      連載 第24回「福島鉄道物語」

        

   〜昭和の機関士たち 

       

    

        が掲載されます。

 

 

 

 

●今回のお話●

 

昭和の機関士達の飲み会は日本酒の飲む

量が半端じゃない。朝方、玄関先まで酒

の匂いが残るほどである・・・今回は、

父を始めとした機関士のお話です。

 

ご拝読いただけたら幸いです。 

 

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

2020年

10月

20日

10月21日(水)から東京千駄ヶ谷の佐藤美術館で展覧会が始まります。

 

 

寒くなりました。

 

10月21日(水)より展覧会が始まります。

 

場所は東京千駄ヶ谷の佐藤美術館です。

   http://sato-museum.la.coocan.jp

 

 

 

 

  齋正機の世界展

 

   ~

  【日時】2020年10月21日(水)~12月13日(日)

  月・火曜日休館(但し、祝日の場合は翌日)

   午前10時~午後5時(入館は閉館15分前まで)

 

 【料金】一般600円、学生400円(中学生以下無料)

 

 【概要】今の画風に至るまでの「初期作品」から、

     おもに故郷福島に取材した「風景画シリーズ」、

     子供の頃から親しんだ鉄道を始めとする

     「鉄道シリーズ」、「子どもシリーズ」ほか

     スケッチなど44点を展示いたします。

 

     ご高覧頂けたら嬉しいです。

 

 

 

2020年

10月

17日

18日(日)は福島民報連載『福島鉄道物語』第23話の掲載日です。

 

 

10月18日の日曜日は

 

 福島民報新聞

      連載 第23回「福島鉄道物語」

        

    セザンヌと老夫婦

       

    

        が掲載されます。

 

 

 

●今回のお話●

 

 

展覧会場である老夫婦に話しかけられる。

作品についての会話で盛り上がり、やが

て影響を受けた画家のことを聞かれる。

 

 

今回は、そんなお話です。

 

 

ご拝読いただけたら幸いです。 

 

 

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

2020年

10月

12日

オンライン展覧会が12日(月)より始まりました。

 

 

 

10月6日に郡山女子大学・建学記念講堂ギャラリー

で始まった

 

第209回芸術鑑賞講座

「齋 正機展〜ふるさと・ふくしまとともに〜」

 

は10月11日に無事終了いたしました。

 

ご高覧された皆様ありがとうございました。

 

 

 

 

 

展覧会は新型コロナウィルス拡大防止のため

一般公開は中止とさせていただきました。

 

 

その代わりに、齋正機後援会のホームページで

作品展の様子をオンライン公開します。

 

内容をそのまま「オンライン展覧会」として

開催しておりますので、

ぜひご覧ください。

齋 正機後援会HP上で開催中)

 

 

 

 

 

2020年

9月

18日

20日(日)は福島民報連載『福島鉄道物語』第22話の連載日です。

 

 

9日20日の日曜日は

 

  福島民報新聞

            連載 第22回「福島鉄道物語」

        

   〜 ほんとの空

       

    

        が掲載されます。

 

 

 

 

●今回のお話●

 

 

学生時代に住んでいた葛飾区柴又。

九月に久しぶりに訪れる。帝釈天の参道や

江戸川土手をぶらぶらとしているうちに

親しかった同級生との会話が蘇る・・

今回は、そんなお話です。

 

 

ご拝読いただいたら幸いです。 

 

 

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

2020年

9月

13日

紅い日

 

 

いつもより透き通った・・

 

いつもより紅くなった日。

 

そんな上松川橋の記憶。

 

 

紅イ橋     30F              日本画 

 

 ♦️お知らせです。

 

砺波市美術館(富山県)においてが

 

 近現代日本絵画展

 

   が開催されています。

 

僕は『雪後晴』30号 日本画作品

 

を展示していただいています。

 

 

◎会期

2020年9月5日(土)~10月21日(水)

◎時間

午前10時~午後6時まで

◎会場

砺波市美術館 企画展示室

常設展示室2、3

◎料金

一般900円(800円)

高校生以下無料

障がい者(介助者1名を含む)無料

◎監修者

立島 惠 氏

(佐藤美術館学芸部長)

  

 

詳細は砺波市美術館HP

https://www.tonami-art-museum.jp

 

 

 

2020年

8月

30日

8月31日、中合デパートの営業が終了します

 

 

 

8月31日、中合デパートの営業が終了します。

福島市出身の僕はデパートと言ったら・・

中合でした。

 

たくさんの思い出があります。

 

146年の長い間、ありがとうございました。

 

 

「福島街物語」 10P  2020 年制作日本画

 

 

お知らせです。

 

 

8月31日(月)の夕方に少しだけテレビ出演します。

 

 

福島放送(KFB)

「ふくしまスーパーJチャンネル」

  18:15〜19:00(この時間帯のいずれかの2分ぐらい)

         ♦️中合デパートの思い出で出演します

 

 

 

よろしければご覧ください。

 

2020年

8月

13日

16日(日)は福島民報連載『福島鉄道物語』第21話の連載日です。

 

 

月16日の日曜日は

 

  福島民報新聞

            連載 第21回「福島鉄道物語」

        

   〜 チンチン電車と中合デパート

       

    

        が掲載されます。 

 

                                         

 

●今回のお話●

 

今回は昭和46年まであった福島市のチンチン電車と

残念ながら8月末日に営業が終了する中合デパート

の思い出のお話です。

 

ご拝読いただいたら幸いです。 

 

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

2020年

8月

04日

いよいよ夏・・

 

 

かつてないほど・・・

世の中は大変だけど、

 

それでも夏が来た。

本当に穏やかであって欲しい。

本当に穏やかであって欲しい。

 

これだけはみんなの願い。

 

「アル夏物語」    8F                2017年制作

 

【作品解説】

海苔の養殖の周りに、対して急いでない漁船

が波を残している。空の雲も動きが緩やか。

そんな風景の長崎本線小長井駅にようやく

列車が・・そんな昔の取材と想像組み合わせ

て日本画にしています。

 

 

2020年

7月

17日

19日(日)は福島民報連載『福島鉄道物語』第20話です。

 

 

 

 7月19日の日曜日は

 

  福島民報新聞

            連載 第20回「福島鉄道物語」

        

   〜 会津桧原(あいづひのはら)駅と

     まんじゅう

       

    が掲載されます。 

 

                                         よろしくおねがいいたします。 

 

 

       

 

 

●今回のお話●

 

今回は只見線会津桧原駅の取材へ向かう時に

立ち寄ったあわまんじゅうのお店から始まります。

 

 

 

お読みいただいたら幸いです。 

 

 

2020年

7月

13日

緑雨の中で

 

 

機関士だった父も運転したことがある

 

キハ40と言う気動車・・

 

惜しまれながら先週の土曜日に引退

 

ご苦労様でした。

 

 

 「緑ノ雨ニ歩ク午後」の一部分

 30F   2019年制作日本画

 

【作品解説】

只見駅近くの情景。只見駅ー小出駅間を

走る気動車キハ40、7月11日でラストラン

で新しい気動車へ・・

 

 

◎お知らせ

7月19日(日)は福島民報連載

『福島鉄道物語』20話です。

 

 

 

 

 

2020年

6月

20日

明日は福島民報連載『福島鉄道物語』です。

 

やっと・・晴れたね。

 

『晴レタ』4Fサイズ 2013年制作日本画

 

 

お知らせです。

 

 

  月21日(日曜)は福島民報新聞で

 

 

  連載 第19回「福島鉄道物語」

        

   〜東北人と上野駅

       

    が掲載されます。 

 

                                         よろしくお願い致します。 

 

 

●今回のお話●

 

  今回は、舞台は20歳で上京した日の上野駅、

  慣れない駅で迷ってしまった時の出来事です。

    

       お読みいただいたら幸いです。

 

 

 

2020年

6月

11日

梅雨入り

 

 

関東、東北南部もいよいよ梅雨入り。

 

多過ぎず、少な過ぎず、

 

暑過ぎず・・今年は

 

そんな梅雨であってほしい。

 

 

『路面ニ咲ク』 10F   2013年制作日本画

 

 

【作品解説】

2020年はどの地域も平年よりも3、4日遅い

梅雨入りになる。せめて例年通りの梅雨の姿

であってほしい。この絵に描いたの昔の都電

と梅雨入りの情景。今と違って黄色い車体の

赤ラインはまた格別の美しさ、そしてこの都電

は荒川車庫に保存されている。

 

 

2020年

6月

06日

箱根

 

 

シャクナゲ、ヤマユリ、ヤマボウシ

 

そして何と言っても・・これからはアジサイ

 

昨年の台風で被害を受けた箱根登山鉄道も

 

7月下旬に前倒して・・復旧が決まっている。

 

『囁ク雨ニ咲ク』 6F    2013年制作日本画

 

 

 

【作品解説】

昨年の台風被害に加えて、新型コロナウィルスで

大変な被害を受けている箱根。緊急事態宣言が解除

されて少しずつ動き出している。これからは紫陽花

の季節は箱根にとっても魅力的な季節、そして、

昨年の台風で被害を受けた箱根登山鉄道も7月下旬

に前倒して・・復旧が決まっている。足を運びたい。

 

 

 

 

2020年

5月

26日

晩春、初夏の花々・・

 

事後報告になってしまいますが・・

 

今日、午後1時からのなすびさんと深野アナによる

ラジオ福島『Radio de Show』の

 コーナーなすけんパーティー(14:10〜14:20)に出演しました。

 

ご拝聴の皆様ありがとうございました。

お聞きになりたい方はradikoプレミアムで拝聴可能です。

(福島県以外の方はエリアフリーの契約が必要です)

よろしくお願いします。

 

* * * * * *

 

自粛中にいろんな花が咲きました。 

 

昔に描いたオイルパステル画で並べました。

 

私の描き方で分かりづらいですが・・

 

すべてわかりますでしょうか?

 

 

 

 

 

左上 ヤマブキ  右上 クレマチス  

左二段目 ボタン 右二段目 オダマキ

左三段目 シャガ 右三段目 バラ

         

 

ですが・・どうでしょうか?

 

いくつわかりましたか。

 

ヤマブキとバラは少しわかりづらかったですね。

 

それでは・・

 

 

 

 

 

 

2020年

5月

24日

明日は福島民報連載『福島鉄道物語』です。

 

 

お知らせです。

 

 

 月25日(月)は福島民報新聞で

 

 

  連載 第18回「福島鉄道物語」

        

   〜 鯉のぼりと磐越西線

       

    が掲載されます。 

 

                                         よろしくお願い致します。 

 

2020  5 23  『びわの空』 オイルパステル画 

  横浜市の鶴見はびわの実が美しく実っています。

  どうやら、横浜ももうすぐ解除されそうです。

 

 

●今回のお話●

 

  今回は、会津若松駅から喜多方駅へ向かう

  磐越西線、車窓から見えた鯉のぼりの情景

  を眺めながら蘇った記憶とは・・

 

      

       お読みいただいたら幸いです。

 

 

 

 

2020年

5月

19日

夜電車と灯りと

 

 

夜の田んぼの向こうに、

 

ポツンポツンと家の灯り。

 

オレンジ色、赤色、薄緑色・・

 

今でも時々思い出す。

 

 

『家ノ灯リニ夜電車走ル』の一部分

 30F     2013年制作日本画

 

 

【作品解説】

 僕は子供の頃、小児喘息だった。夜に発作が

起きると近くの小児科に連れていかれる。

 そして注射を打たれて、発作がおさまると母

と一緒に帰る。けだるい体調のまま母におんぶ

された帰り道、田んぼ向こうに見えた家の灯り

の情景は何十年も経った今でも時々思い出すの

である。

 

 

 

 

2020年

5月

16日

遠くへ行きたい

 

 

 

然るべき時が来たら、

 

上野駅から・・

 

遠くへ行きたい。

 

 

『拝啓、上野駅ヨリ』の一部分

 8F    2015年制作日本画

 

 

 

【作品解説】

上野駅は東北本線と常磐線の起点だった。東北の玄関でもあり、旅行の出発点でもある上野駅に賑わいは最終まで途切れなかった。今は、主役が新幹線に変わり、東北新幹線は東京駅が起点である。そして、常磐線も品川が起点。時代は変わっが、やっぱり上野駅の思い出は強く残る。

 

 

2020年

5月

12日

ユラユラ

 

 

 

 

ここ二日間、かなり蒸し暑くなった。

 

 『ユラユラ』の一部分 4F  2016年制作日本画

 

 

 

ユラユラ・・

 

ヒラヒラ・・ 

 

キラキラ・・ 

 

初夏と金魚は相性がいい

 

 

 

2020年

5月

05日

塩屋崎灯台

 

 

美しい白亜の灯台、いわきの塩屋埼灯台

 

今頃、海風を受けながら・・

 

ツバメは悠然と飛んでいるに違いない。

 

 

『塩屋埼灯台 ト共ニ』の一部分   15F   

 2018年制作日本画

 2019年東邦銀行カレンダー

 

 

 

【作品解説】

いわき市薄磯海岸の断崖に立つ白亜の塩屋

埼灯台。約40キロ先まで照らす大灯台であ

る。大震災で、灯台のある薄磯地区の被害

は甚大で犠牲者も多い。悲しい事である。

しかし現在は防波堤工事も完了し海水浴場

も再開している。

もともと薄磯海岸は1キロにわたって白い

砂浜が続く風光明媚な海岸で、その中でも

塩屋埼灯台はシンボル的な存在である。

平穏でいっそう賑やかな地域、そして灯台

であるよう願いを込めてこの絵を描きまし

た。

 

 

 

 

 

2020年

5月

04日

コイノボリの風

『コイノボリ物語』 6F 2019年制作日本画

 

 

 

子供が小径を歩き・・

 

鯉のぼりが大空に泳ぐ

 

五月風に早苗も揺れて

 

そして列車が通り過ぎる

 

 

 

 

2020年

5月

01日

五年前の今頃・・

 

 

5年前・・

 

伊勢志摩に2泊3日の旅行をした。

 

その中で晴れたのはたった1時間、

 

でもその1時間が印象に強く残っている。

 

『黄バラ物語』 30F 2015年制作日本画

箱根・芦ノ湖 成川美術館所蔵

 

 

伊勢志摩の海の青色、雨に濡れた花の黄色、

 

若葉色と透き通った水色の空、

 

そして近鉄のオレンジ色の電車・・

 

 

そんな色の印象を

 

1つの日本画作品としてみた作品です。

 

 

 

2021年

8月

30日

夏の記憶・・

続きを読む

2021年

8月

08日

夏の日・・

続きを読む

2020年

9月

13日

紅い日

続きを読む

2020年

8月

04日

いよいよ夏・・

続きを読む

2020年

7月

13日

緑雨の中で

続きを読む

2020年

6月

11日

梅雨入り

続きを読む

2020年

6月

06日

箱根

続きを読む