塩屋崎灯台

 

 

美しい白亜の灯台、いわきの塩屋埼灯台

 

今頃、海風を受けながら・・

 

ツバメは悠然と飛んでいるに違いない。

 

 

『塩屋埼灯台 ト共ニ』の一部分   15F   

 2018年制作日本画

 2019年東邦銀行カレンダー

 

 

 

【作品解説】

いわき市薄磯海岸の断崖に立つ白亜の塩屋

埼灯台。約40キロ先まで照らす大灯台であ

る。大震災で、灯台のある薄磯地区の被害

は甚大で犠牲者も多い。悲しい事である。

しかし現在は防波堤工事も完了し海水浴場

も再開している。

もともと薄磯海岸は1キロにわたって白い

砂浜が続く風光明媚な海岸で、その中でも

塩屋埼灯台はシンボル的な存在である。

平穏でいっそう賑やかな地域、そして灯台

であるよう願いを込めてこの絵を描きまし

た。

 

 

 

 

 

2021年

10月

13日

今度こそ・・

続きを読む

2021年

9月

29日

秋の稔りに・・

続きを読む

2021年

8月

30日

夏の記憶・・

続きを読む

2021年

8月

08日

夏の日・・

続きを読む

2020年

9月

13日

紅い日

続きを読む

2020年

8月

04日

いよいよ夏・・

続きを読む

2020年

7月

13日

緑雨の中で

続きを読む