呉羽梨

 

 

 

呉羽梨をもらう。(美味しい。あまい・・)

 

名前は聞いたことがあったし、食べたこともあったけれど、

(梨は福島)と擦り込まれているから、なんとなく

意識したことはなかった。

 

(呉羽梨は富山なんだ。少し調べてみよう)

 

 

 

 

 

明治時代のことだった。

 

富山の呉羽【くれは】丘陵の“土池弥次郎”という人が

呉羽の土は粘土質で、水の便が悪く、少しの日照りで

田んぼがすぐ干上がってしまうことに頭を痛めていた。

 

弥次郎は土地柄に合う作物を探していた。

いろいろ検討して、目にとまったのが “梨”。

東京から青梨を持ち帰り、自分の畑に植えてみたことから

『呉羽梨』は始まる・・

青梨はうまくいかなかったが。赤梨に切り換えて栽培を広めていった。

    ※青梨は20世紀梨に代表される緑掛かった梨、  赤梨は黄土色掛かった長十郎、幸水のような梨、

そして、今や全国ブランド。

 

(案外、一人の人物の想いと粘りが地域を変えるんだよな)

このような例が、世の中には時々ある。

 

 

 

2019年

9月

17日

一休みの空気

続きを読む

2019年

9月

13日

十五夜

続きを読む

2019年

9月

06日

赤とんぼ 運転席

続きを読む

2019年

8月

01日

水郡線〜その2〜

続きを読む

2019年

7月

08日

大谷石のこと

続きを読む

2019年

6月

26日

トンボを見つける

続きを読む

2019年

5月

17日

コゲラのこと

続きを読む

2019年

5月

03日

令和

続きを読む

2019年

4月

24日

足もと

続きを読む

2019年

3月

06日

画集も出ます。

続きを読む

2019年

2月

24日

モウスグ・・

続きを読む

2019年

2月

19日

夕日と富士山

続きを読む

2019年

2月

11日

ちょこっと雪

続きを読む

2019年

2月

08日

立春を越えて

続きを読む