残すこと。残さないこと。

 

 

 

残すことは大事だが、残せないこともある。

これは、難しい問題である。

 

 

 

 

原爆ドームの永久保存が決定したのは昭和41年だから

20年以上議論している。

 

残すためには

その出来事を忘れたくない人、忘れたい人の

折り合いと絶妙なタイミングの決断が必要で、

 

そのバランスを一歩間違えると・・

一番傷ついている人が忘れられなくなって

より傷ついたりする。

 

 

 

 

東日本大震災の震災遺構も・・残すか、残さないかは

人によって違うから、容易に決断出来ない。

 

でも、年月は尖った感覚、大怪我した心に

ほんの少し、丸みを帯びさせていく。

そうなって初めて、保存について考える余地も生まれる。

 

もうタイムリミットで残せなかったものは

運命であるから仕方がないのだけれど、

震災遺構を話せるのはこれからかもしれない。

 

 

 

 

 

2019年

9月

17日

一休みの空気

続きを読む

2019年

9月

13日

十五夜

続きを読む

2019年

9月

06日

赤とんぼ 運転席

続きを読む

2019年

8月

01日

水郡線〜その2〜

続きを読む

2019年

7月

08日

大谷石のこと

続きを読む

2019年

6月

26日

トンボを見つける

続きを読む

2019年

5月

17日

コゲラのこと

続きを読む

2019年

5月

03日

令和

続きを読む

2019年

4月

24日

足もと

続きを読む

2019年

3月

06日

画集も出ます。

続きを読む

2019年

2月

24日

モウスグ・・

続きを読む

2019年

2月

19日

夕日と富士山

続きを読む

2019年

2月

11日

ちょこっと雪

続きを読む

2019年

2月

08日

立春を越えて

続きを読む