絵を描くという感覚

 

 

絵を描く感覚は不思議だ。

 

長い間、描いているけれど・・慣れない。

 

 「慣れたらおしまいだよ」と言われる事もあるけれど、

 

さすがに・・僕は要領が悪い方だと思う。

 

 

今、また新作に取りかかった。

 

 

 

 

下図は明確に作るけれど、その通りに完成では物足りない。

 

途中経過を見ながら、ひらめきも作品に加えていく。

 

制作の日々の感性も含めて紡いでいくのだ。

 

そのうち、“なんとも言えない愛着”も湧いてくる。

 

 

絵を描くという感覚は

 

自分にとって、時間を刻み込む不思議な作業である。

 

 

2019年

4月

24日

足もと

続きを読む

2019年

3月

06日

画集も出ます。

続きを読む

2019年

2月

24日

モウスグ・・

続きを読む

2019年

2月

19日

夕日と富士山

続きを読む

2019年

2月

11日

ちょこっと雪

続きを読む

2019年

2月

08日

立春を越えて

続きを読む

2019年

1月

14日

大学生、今と昔

続きを読む

2018年

11月

24日

冬の日

続きを読む

2018年

10月

19日

やっと・・らしい

続きを読む

2018年

10月

03日

ドキドキすること

続きを読む

2018年

9月

24日

運転のこと

続きを読む

2018年

9月

07日

秋の夕日

続きを読む

2018年

9月

02日

夜の雷

続きを読む

2018年

8月

30日

呉羽梨

続きを読む

2018年

8月

19日

あの夏の匂い

続きを読む

2018年

7月

20日

風待の会

続きを読む