只見線 前編

 

 

先週、只見線を取材に・・

 

 

20年前只見の町に一週間滞在し、奥会津の夏風景をスケッチ。

 

その後一二度は訪れたものの、

只見線の鉄道のみの取材は今回が初めて。

 

 

 

 

会津若松駅からスタート。

 

すぐに只見線を走る汽車(キハ40)の寝ぐらを見つけた。

 時々、蒸気機関車を走らせるためか転車台もある。

 

 

 

 

線に沿って少し移動すると、

会津盆地に広がる田んぼ田んぼ田んぼ。

稲刈りはとっくの昔に終わって、薄いわら色の雑草絨毯だ。

ススキもサラサラと揺れている。

 

子供の頃の記憶扉が開くような風景。

 

 

 

 

徐々に山間のような風景になり

 

それとともに晩秋の色合いが濃くなっていく。

 

 

 

 

コンテナを使っているのかな?

 

こんな駅もあったりして・・

 

 

 

 

あらためて只見線とは、

 

会津若松市と新潟県魚沼市小出を結ぶ約135km

 

風景の美しさはローカル線の中でも指折り。

なかでも、只見川に水鏡のように映る汽車は

あまりに美しくて、清らかで

(本当にこの世のものか・・)と思うほど。

 

 

ただ、2011年の集中豪雨の増水、氾濫により

只見川に架かる8つのうちダムに近い4つの橋が

使えなくなって完全開通しないまま、現在に至る

 

後編に続く

 

 

 

 

2021年

12月

14日

シャクシャク

続きを読む

2021年

12月

08日

今年のリンゴ

続きを読む

2021年

11月

17日

紅葉と只見線

続きを読む

2021年

10月

13日

今度こそ・・

続きを読む

2021年

9月

29日

秋の稔りに・・

続きを読む

2021年

8月

30日

夏の記憶・・

続きを読む

2021年

8月

08日

夏の日・・

続きを読む