びわは九年でなりかかる

 

 

ビワの木がここ数年ずいぶん減った。

 

古い家、木造アパートがなくなるたび、

当然のようにビワや泰山木など

場所を取る木は切られてしまう。残念だ。

 

 

 

 

濃緑でテカテカして、葉脈ごとに波打つ粗雑な葉っぱ。

ビワの葉はまさに原始時代の名残。

それでいて果実は正反対で、繊細な産毛に覆われた薄橙色。

(食べるには種が大きいのは原始的だね〜)

とにかく、葉と実の色合いがうまいうまい按配だ。

 

 

ビワは実がなるまで年月が掛かる。

切ってしまうのは、本当は・・もったいないんだよ。

 

 

   もも くり 三年 柿 八年

                      びわは九年でなりかかる

 

 

 

 

2017年

11月

08日

玄関にサンザシ

続きを読む

2017年

11月

01日

岩代清水駅

続きを読む

2017年

10月

29日

みかん色づく・・

続きを読む

2017年

10月

25日

ハシゴ

続きを読む

2017年

3月

20日

もくれんのこと

続きを読む

2017年

3月

18日

塩屋崎灯台のこと

続きを読む

2017年

3月

05日

珍しい・・

続きを読む

2017年

2月

28日

冬が押し出されて

続きを読む

2017年

2月

17日

雪の結晶は121種類

続きを読む

2017年

2月

08日

いやあ・・

続きを読む

2017年

1月

23日

岡山城

続きを読む

2017年

1月

15日

大寒波・・

続きを読む

2017年

1月

11日

ふくら雀

続きを読む

2017年

1月

08日

ししまい

続きを読む

2017年

1月

03日

カルタに燃える

続きを読む

2016年

11月

28日

只見線 後編

続きを読む