駅の詩

 

 

セミが鳴かずに

それでも気温だけは夏のまんま。

そして、どことなく秋の匂い

こんな日が続くから、

十歳頃の他愛のない記憶が蘇った。


「あんまり前に出んなあ。線路に落ちちまう。」

母親の響く声。見下ろすと

赤茶色の砂利やかなり古い枕木に

レールだけがさりげなく光っている。

 

(あっちのホームだったら、街行き・・いいなあ)

 同じ年ぐらいの子が向こう側に行こうとしている。

(あの子、これから街で何するんだろう)

 空を見上げるとトンボが優雅に飛んでいた。

雲は細長くて薄い青空に溶け込みそう。

 

「もうすぐ電車来っから、こっち来な。」

時計をみたら、ちょうど三時、あと五分だ。

母の隣に戻るとコオロギが遠慮なく鳴いている。

 


 

2018年

2月

16日

この先に・・

続きを読む

2018年

2月

14日

馬場の赤門

続きを読む

2018年

2月

12日

鶴見川のこと

続きを読む

2018年

2月

03日

みんな膨らんでる

続きを読む

2018年

1月

30日

ムクドリの集団

続きを読む

2018年

1月

23日

雪の日・・・

続きを読む

2018年

1月

22日

セキレイのこと

続きを読む

2018年

1月

19日

講評会にて

続きを読む

2018年

1月

14日

ツグミの朝

続きを読む

2018年

1月

10日

日々の魔法

続きを読む

2018年

1月

01日

今年こそ・・

続きを読む

2017年

11月

08日

玄関にサンザシ

続きを読む

2017年

11月

01日

岩代清水駅

続きを読む

2017年

10月

29日

みかん色づく・・

続きを読む

2017年

10月

25日

ハシゴ

続きを読む

2017年

3月

20日

もくれんのこと

続きを読む

2017年

3月

18日

塩屋崎灯台のこと

続きを読む

2017年

3月

05日

珍しい・・

続きを読む

2017年

2月

28日

冬が押し出されて

続きを読む

2017年

2月

17日

雪の結晶は121種類

続きを読む

2017年

2月

08日

いやあ・・

続きを読む

2017年

1月

23日

岡山城

続きを読む

2017年

1月

15日

大寒波・・

続きを読む

2017年

1月

11日

ふくら雀

続きを読む