長田 弘さん

 

 

先々月、福島市生まれの詩人 

長田 弘(おさだ ひろし)さんが亡くなった。

世代は違うが、生まれ育った場所は一緒の先輩である。

遊んだ場所もどうやら同じみたいだ。

 

 

その長田 弘さんが

 

 “子どもは、なにより風景の子として育つ。

 (中略)

  生まれ育った自分の中に深く根を下ろすのは

  丘や川を尺度とする風景の遠近法だ”

  

 という言葉を残している。


 

 

 

遠近法?と言われると・・

わかりずらい人もいるかもしれないけれど、

 

僕の育った福島盆地の真ん中では

田んぼが広く、空が大きく、山に囲まれていたので

近くから遠くまで、川や道 や丘の “形や流れ ” が容易に見えた。

その大きさ、スケールが 身体の記憶 として残っている。

 

名古屋に住んでいる今でも

確かに、 “子どもの頃感じた遠近感” で

いろんな風景を見ている気がする。

 

長田さんの言うように・・

深く深く 染み付いているみたいだ。



2018年

10月

19日

やっと・・らしい

続きを読む

2018年

10月

03日

ドキドキすること

続きを読む

2018年

9月

24日

運転のこと

続きを読む

2018年

9月

07日

秋の夕日

続きを読む

2018年

9月

02日

夜の雷

続きを読む

2018年

8月

30日

呉羽梨

続きを読む

2018年

8月

19日

あの夏の匂い

続きを読む

2018年

7月

20日

風待の会

続きを読む

2018年

6月

23日

夏至の夕焼け

続きを読む

2018年

6月

20日

梅雨寒

続きを読む

2018年

6月

16日

梅雨らしく・・

続きを読む

2018年

6月

13日

季節外れ

続きを読む

2018年

6月

07日

親子

続きを読む

2018年

6月

05日

あじさいの季節

続きを読む

2018年

5月

30日

佐藤美術館にて

続きを読む

2018年

4月

30日

歩きながら・・・

続きを読む

2018年

4月

16日

カラスの実力

続きを読む

2018年

4月

09日

ついてくる日

続きを読む

2018年

4月

05日

なわとびの終わり

続きを読む

2018年

4月

01日

年度始め・・

続きを読む

2018年

3月

08日

シジュウカラ物語

続きを読む