2013年

2月

26日

絵本を読む頃

 

 

 

こたつで絵本を読んでもらえる絶対的安心。

 

やがて、こくり…こくり…と。

 

 

 

 

2012.1取材)

 

2013年

2月

22日

信夫山の踏切

 

 

 

信夫山の裾野を...........

 

吾妻おろしの西風を受けながら走る福島交通飯坂線。

 

 

 

2012.1取材)

 

 

>1月は寒くて冷たい。吾妻おろしが吹いて晴れた日は澄んでいる。

 

 そして空はとっても高い。

  

2013年

2月

11日

雪だるま・つくる

 

 

 

いくら手が氷のように冷たくなっても、

 

今日を逃したら

 

大きい雪だるまは作れないのだ。

 

 

 

 

2012.1取材)

2013年

2月

07日

山茶花

 

 

 

サザンカの花を飾る。

 

うすいピンク色が幼な子のような健気さだ。

 

つぼみには鮮やかに咲く予感…

 

そんな山茶花(サザンカ)を飾った日。

 

 

 

2012.1取材)

 

2013年

1月

30日

お昼の時間の機関庫

 

 

 

 呑気な空気が昼下がりに漂う。

 

冬なのに温かいこの日、

 

列車の動く音も小気味よい。

 

 

 

2012.1回想)

2013年

1月

23日

柴又、取水塔

 

 

 

昭和の初めからある

 

の取水塔の“とんがり帽子”は

 

いつも柴又の江戸川土手に佇んでいる。

 

 

 

2012.2取材)

 

2013年

1月

21日

南天が赤い

 

 

 

南天が赤い。

 

ポツポツ、11つの実の粒が......

 

ハッとする程赤い。

 

こんな事を気付く日は、寒くても…良い日である。

 

 

 

2012.1の出来事

2013年

1月

17日

江の電の海

  

 

 

江の電のむこうに湘南の海。

 

寒い日なのにウィンドサーフィンがちらほら。

 

海の色は薄藍色だった。

 

 

(2012.1取材)

 

 

 

>彼は年に2回鎌倉へ行きます。

帰ってくると、どのルートを歩いた〜とか、どんなお店があった〜とか、スケッチを見せながら、いろいろと話してくれます。名古屋からほとんど出ない私は羨ましい。

 でも、小さく描きとめたスケッチを見てるとなんだか自分もその雰囲気を楽しめる。「この江の電いいね。」というと、「この江の電はときどきドラマや映画で出てくる有名な場所なんだあ。」と答えが返って来た。

なるほど絵になる場所なんだ。

 

 

 

 

2013年

1月

10日

白い侘助もらう

 

 

 

白い小さな椿の花をもらった。

 

茶花の侘助(わびすけ)だ。

 

“かわいい名前だな”と聞く度に思う。

 

 

 

(2012.1取材)

2020年

9月

13日

紅い日

続きを読む

2020年

8月

04日

いよいよ夏・・

続きを読む

2020年

7月

13日

緑雨の中で

続きを読む

2020年

6月

11日

梅雨入り

続きを読む

2020年

6月

06日

箱根

続きを読む

2020年

5月

19日

夜電車と灯りと

続きを読む

2020年

5月

16日

遠くへ行きたい

続きを読む

2020年

5月

12日

ユラユラ

続きを読む

2020年

5月

05日

塩屋崎灯台

続きを読む

2020年

5月

04日

コイノボリの風

続きを読む

2020年

5月

01日

五年前の今頃・・

続きを読む

2020年

4月

30日

コレヲネ・・

続きを読む

2020年

4月

25日

旬は旬・・

続きを読む

2020年

4月

16日

降ッテキタヨ

続きを読む

2020年

4月

03日

桜舞う・・

続きを読む

2020年

4月

01日

来タヨ

続きを読む

2020年

3月

29日

駅桜

続きを読む

2020年

3月

05日

あの日、あの感覚

続きを読む

2020年

2月

19日

シカラレル

続きを読む

2020年

2月

13日

寝テシマッタ

続きを読む

2020年

2月

10日

前略 只見線様

続きを読む

2020年

2月

03日

まだあるよ・・

続きを読む

2020年

1月

31日

ドチラカ・・

続きを読む

2020年

1月

27日

雪の音を聞く

続きを読む

2020年

1月

23日

こたつの誘惑

続きを読む